脱毛サロンで毛深いという悩み解決♪

私は高校生の頃から毛深くなって来て、2日に1度くらい処理をしないと目に見えて気になる程でした。

その時付き合っていた彼氏に、なんか、足がチクチクする。。と言われ、その時から毎日のように処理をしていましたが、肌は荒れるし、とにかく面倒くさく、社会人になってから脱毛サロンに通う事にしました。

毛深かかったからか、脱毛の効果はとてもあり、6回(1年半)通った今は週に1度のお手入れで良くなるほど綺麗になりました。

脱毛をすることによって、毛穴も引き締まり肌も綺麗になりました。

カミソリなどで自己処理をしていた時は脇の黒ズミや膝が綺麗に剃れなくプツプツ、ザラザラなども気になっていましたが、今は改善されて見た目もとても綺麗になりました!

1番処理に困っていたvioも毛が細く柔らかくなったので自分で剃っても荒れたりしなくなり自己処理がとてもラクになり脱毛サロンへ通って良かったなぁ、と思っています。

これで、急なお泊まりなども焦らないでよくなり、気持ちもラクになりました♪

長袖オシャレからの脱出

中学生の時も高校生の時も夏の制服が大嫌いだった。他の娘とは比べ物にならない位フサフサとした腕の毛が隠せなくなるから。母に毛深いことを相談しても自然なことだか気にしなくてもえと言われ対策なんてしてくれなかった。お金の無い中学生の時はこっそりお風呂場のT字カミソリで剃ってみたりしたが肌が負けてブツブツに。

高校生になるとバイトを頑張りワックスや脱毛器を試したけど痛すぎて続かない。結局腕を隠す長袖オシャレになるしかなかった。暑い夏も根性で乗り切ってきたがせっかくオシャレが好きになったのに長袖ばかりではつまらない。学生時代はびっくりするくらい高くてまるで手が出なかった永久脱毛も随分安くなり社会人となったならチャレンジ出来ると少しの勇気を出してみた。

痛みに弱い私はドキドキしながら施術台に上がったけれど、パチンッという大げさな音の割には痛みはゆるく我慢できる。流石に頑固な毛深さだから6ヶ月でツルピカにはならなかったけれど少しづつ少しづつ脱毛は進み一年が立つ頃には長袖オシャレからの脱出に成功。日焼け止めを塗りつつ夏のオシャレを楽しんでいます。

毛深いのはあなただけじゃない!気長に脱毛していきましょう

私自身とても毛深かったので、学生時代は毎日がムダ毛処理との闘いでした。眉毛と手の指は毛抜きで抜き、脚と腕はカミソリで剃っていました。それでも剃り跡や埋没毛が目立つので、きれいな肌ではもちろんありませんでした。人に肌を見せるのが恥ずかしく、なるべく隠していたし、女としての自信が持てずに恋愛もできませんでした。

社会人になってお金を貯めて一番にしたことが、エステ脱毛でした。ワキと脚を永久脱毛してずいぶん楽になりましたが、当時のニードル式の永久脱毛は処理後のケアもお金もかかって大変でした。

今は永久脱毛を施術するサロンは少ないようですが、そのぶん価格破壊ともいえるような安い値段で気軽に通える脱毛サロンが増えましたね。ネットで情報や口コミが見られますし、たくさんの選択肢の中から選べる脱毛しやすい時代になったと思います。

永久脱毛はできなくても、姉妹のいる男性などで女性のムダ毛事情を承知している場合もあるので、理解のある男性を見つけられると良いですね。

費やした時間と費やす時間を考えるなら

私もとても毛深かったです。やっぱり年頃になると気になり始め、毛を剃ると濃くなると言われていたので、始めは脱色をしました。

結果、腕だけ白くなり、肌の色まで抜けてるんじゃないかと怖くなり辞めました。

その後、簡易な脱毛器を購入してみました。抜くとき痛いんですよね。

脇のように面積が狭いならともかく、腕は結構面積が広いので苦痛で。

しかも、結構すぐに生えてくるし、生えてきた断面もキレイじゃないんです。

こんなに痛い思いをしながら抜いて、すぐ生えてくるなら剃刀で剃った方がいいかと思い、そこからずっとお風呂場で剃刀処理をしていました。

でも、本当に面倒で。脇の永久脱毛だけしていたんですが、もう楽で。

だったら腕もしちゃおうと思って、思い切ってやりました。

もう、すごく楽になりました。気にしなくていいんですから。

腕は夏場はもちろん、腕まくりしたりする時も出るところだし、常に気になってました。

だから、永久脱毛処理をしたら本当に楽になりました。処理する手間はもちろん、気持ち的にも楽になりました。

もし、面倒だとか、毛深いことを気にしてらっしゃるなら、絶対に永久脱毛した方がいいです。

今までに費やした、そしてこれからも費やす時間を考えると高くないと思います。毎回剃刀を使うより、肌にもいいと思います。

私は肌荒れが酷くて、毎回、クリームを塗ったりと大変でしたから。自己投資してあげてください。無駄ではないですから。